HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  無職生活  »  無職への入口

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

無職への入口

無職になる為に、その先の人生に必要な金額を全部貯めて辞めるか、とりあえず辞めて必要な分だけ稼ぎながら生きていくか、どちらがよかったのか今更ながら考えてみました。

全部貯めパターンだと、目標は年齢にもよると思うけど、何千万という気の遠くなるような単位になってしまいます。
そんな金額を普通に貯めるには、何十年も掛かってしまいます。
働くのが嫌で無職になりたい人が、無職になる為にそんな期間を働いて過ごすなんてのは、現実的じゃないと思います。

辞めた後に、計画通りにお金を使っていけば、2度と働かなくていいし、お金に関する不安は少ないかなと思います。

とりあえず辞めパターンでも、貯金0では無理だけど目標となる金額はずっと低くなるので、辞める時期は我慢できる範囲内になると思います。

こっちのパターンは辞めるのは早いけど、辞めてからの生活費をどうやって稼ぐかっていう大きな問題が残ってしまいます。
特別な能力が無い限り、短期の仕事をしたり、勤務時間の短い仕事や勤務日数の少ない仕事をすることになると思うので、仕事とはその先も付き合っていく事になります。
それだと無職とは言えないけど、どっちにしても働く事に変わりはないので、まとめて働くか、少しずつ働くかの違いだけだと思います。

少し比べただけでも、とりあえず辞めの方が全然いいと思います。
全部貯めは、今は辛くても、後は楽しいからみたいで、結局定年目指して頑張るのと同じような気がしますし、収入を全て今の会社から得ようとして、他の可能性を潰してしまいそうな気がします。
その考えが、会社依存にも繋がってしまう気がします。
それに目指す所がはっきりとわかっていれば、1日でも早くそこに行った方がいいに決まってます。
早く経験しておけば、もし理想と違っても、次の夢を目指せます。

でもとりあえず辞めて、都合よく少しだけ稼げる仕事がある保障もないし、若い頃は良くても、歳をとると無理があると思います。
なのでどこかに雇われなくても、自分の力で稼ぐ能力だったりが必要になると思います。
それも含めて、こっちの方が山あり谷あり感があって楽しそうだし、全てを一から自分で作っていく感じで良いと思います。
無職になっても、やりたい事が次々にわいてくるわけじゃないので、考えないといけない事も残しとく必要があると思います。

全部貯めちゃうと、先行逃げ切り感があって、保守的な暮らしになってしまいそうな気がします。

僕はとりあえず辞めだったので、今後のお金の稼ぎ方は、妻に無職願望が無かったので、こりゃ丁度いいと思って交渉の結果、妻がパートする事で解決しました。
僕が正社員で働いていてもパートをしていたんだから、その感じでこの先もやってくれればいいだけです。
出産が終わって体力が回復したら、今まで同じように月に8万ぐらで、年間100万以内でパートをしてもらいます。
妻からしたら、家事+パートが、パートだけになるので、この話を断る理由なんてありません。って言う僕の思いを貫き通しました。

どこかに雇われて働く以外に、お金を稼ぐ方法は少ないし、難しすぎるのが問題だと思います。

無職生活が成功するかどうかは別として、無職生活への入り方はしっかりと考えてから辞めたとしても、とりあえず辞めるパターンを選ぶことになっていたと思います。

スポンサーサイト




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。