HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  無職生活  »  優柔不断

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

優柔不断

市営住宅は市役所の人とも話をして、5月13日が最終期限になりました。

保証人は最悪1人でも大丈夫ってことだったので、兄弟に頼めば市営に入れることになりました。
親が猛反対している中、兄弟に保証人を頼んで引っ越すのは気が引けるけど、親のことを気にするぐらいなら、最初からこんな生活はしないので、親のことは気にしないことにします。

お金のことを考えると引っ越すしかないけど、引越し先の近くの受け入れてくれる産婦人科が見つからなくて、引越し先から今の産婦人科に通うのは厳しい感じもします。

妻もこの期に及んで、引っ越すのはヤダとか言ってくるし、最近の自分を見ていても、引っ越して釣りするの?って思うし、このまま引っ越していいのかわかりません。

ここで引越すのをやめるって事は、無職生活も諦めるってのと同じ気がします。
今より明らかに環境が悪いとわかっている所に引っ越すのは勇気がいります。

電気をあまり使わないとか、食べ物を我慢するとか、そんな感じの生活水準を下げるのは簡単ですが、住む場所とか生活の基本となるよな部分を諦めていくのは辛いです。

市営住宅を見に行っただけでも、変わった人が多そうなことはすぐにわかりました。
僕もこんなんなので、変わった人の部類に入ると思いますが、人に文句を言ったり、迷惑を掛ける系ではないので、そこで上手くやっていけるか不安です。

市営住宅に引っ越しても、一生そこで暮らそうとは思ってないので、もっと気楽な感じで考えて、嫌だったら出てけばいいぐらいな気持ちで行けばいいのかもしれません。
無職生活ですら無計画でなんとかなると始めくせに、住む場所にだけ異常にこだわるのおかしい気がします。

市営住宅に引っ越すぐらい、仕事を辞めた時の不安と比べれば大した事じゃないと思います。

考えれる時間はあと2日しかないです。
スポンサーサイト




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。