HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  無職生活  »  無職生活で足りないもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

無職生活で足りないもの

お金が好きなら1億円貯めることを目標にしたり、仕事が好きなら昇進を目標にしたりして、達成すれば一時的だとは思うけど喜びや満足感を得られると思います。

会社で働くのは大嫌いだけど、人から必要とされたり、頼りにされたりして得られる喜びみたいなものはあったと思います。

今の無職生活に足りないのは、そんな部分だと思います。

お金を貯めようと思えば、目標となる金額が思い浮かぶだろうし、何かをやろうと思ったら深く考えなくても目標みたいなものは自然と決まってくると思います。
僕の場合は働かないことが好きで、働かずに生きることが目標になっているんだと思います。生活費8万円以下にするとか細かな目標なんかも、結局は働かない為にすることだし、すべてはそこに繋がるんだと思います。

「働かずに生きる」なんて目標を、達成できたと言える時はいつなんだろう?
昨日も今日も働かずに生きているし、たぶん明日も。
人生最後の日になるまで、達成できたとは言えない事なのかもしれません。

それに、その目標を達成した時に今更何か感じるとは思えません。
働かずにいるだけで、喜べるのは仕事を辞めた直後だけでした。
働かない暮らしに慣れたら、働いていないのは当たり前です。当たり前になると、そこからは何も感じないと思います。
達成しても何も感じない目標なんて、目標の意味がないと思います。

「働かずに生きる」って目標は、仕事を辞めた時点で達成していた目標なんだと思います。
達成している目標を目標にしていたから、何も進まないのかもしれん。

細かな目標はいろいろあっても、人生のテーマとなるような大きな目標がないからいけないのか、そもそもそんに難しく考えることが間違っていて、釣りがしたくて海の近くに住みたいなら、例えば尺メバルを釣る事を目標にして生きて行くだけでも、そのほうが幸せなのかもしれません。

無職生活をしていると、人との関りが減ってくるので、人と関わる事で得られていたものもなくなります。
時間はあるんだから、ボランティア活動とかに参加すれば少しは解決しそうな気もしますけど、極度の人見知りで知らない人とは喋れないので、そんなのに参加してしまったら胃が壊れてしまうと思います。

無職生活のすべてを楽しむには、まだまだ時間が掛かりそうです。
スポンサーサイト




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。