HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  無職の家庭  »  甥・姪 地獄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

甥・姪 地獄

甥・姪がいてまずつらくなるのは、誕生日やお年玉です。
両方合わせて11人いるので、かなりの金額になります。

この問題は根深くて、妻の姪の2歳の誕生日に15,000円もするものを買ってあげると言い出して、僕は猛反対したのですがダメでした。
それ以来、ずっと誕生日やお年玉を続けるかやめるかで、何十回もケンカになっています。

最初の頃は、クリスマスまでプレゼントをあげていましたが、それだけは妻との大喧嘩の末に廃止できました。
僕は自分の甥や姪には、何にもあげていなかったんですけど、妻が勝手にあげだして今も続いています。

1歳の誕生日から何千円もするプレゼントをあげる神経がわかりませんし、大きい子でもあげたおもちゃで遊んでいるところを見たことがありませんし、15,000円もしたプレゼントでさえ、すぐに妻の実家の物置に放置されている姿を見てしまっています。
そのことがあげる気を無くす原因にもなっているんですが、この生活を続けていたらそのうちあげたくてもあげれないって事になるので、やめちゃえばいいと思うんですけど。。。

無理して続けたって、子供が大きくなれば、金額も大きくなっていくので11人もいたら絶対に無理なんです。
どうせ辞めるなら、まだ子供がこの人からは誕生日やお年玉がもらえるって計算とかができないうちにやめた方がいいと思います。

妻はあげなくなると、兄弟との関係が悪くなると心配していますが、そんな金の切れ目が縁の切れ目みたいな兄弟関係だとしたら無くなったっていいと思います。

子供のいない家庭がやめるとは言いづらいと思うので、子供が産まれて兄弟達が「誕生日、何がいい?」と聞いてきたタイミングでいいので、「うちは要らないから、あげるのもやめるね」みたいな事を、不快にさせない上手い感じで伝えてほしいです。

この風習を断ち切っておかないと、無職生活は維持できません。
人へのどうでもいいプレゼントの為に、自分達の生活を削ることはしたくないです。

誕生日やお年玉の問題なんて、まだ序の口で。
甥や姪を家に泊めたり、2人で出かけると思っていたら甥や姪も連れて行くことになったり、無職になった今なら耐えれることでも、働いている時にはまさしく地獄でした。

仕事が終わって、疲れ果ててアパートに帰ると、部屋から子供の声が・・・恐る恐る玄関を開けると子供の靴・・・確定です。
明日も仕事なのに・・・
この時味わう恐怖と絶望感は、一生忘れることはないと思います。

引っ越しと出産が、全て問題を解決してくれると思っています。
スポンサーサイト




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。