HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  無職生活  »  将来の為にできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

将来の為にできること

10年前には、自分がこういう生活を選ぶ事を想像できなかったです。
だから10年後に自分が何をしていて、何を考えているか全くわからないし、考えた所でたぶん思った通りの自分にはなっていないと思います。
将来の自分のことを考えて、今の自分が行動するのは意味の無いことなのかなと思いました。

気楽なバイト生活を辞めて、わざわざめんどくさい正社員生活を選んだのは、結婚がきっかけで、当時の自分が将来のことを考えてやったことだと思います。
でも結果はこういう形になってしまい、その選択のおかげで残ったのは少しの貯金と地獄の強制労働の記憶だけです。
結婚しても、結婚前の気楽な感じで生活してきたとしても、たぶん餓死することも無くこの歳まで生きてこられただろうし。

目的が結婚して二人で生きることだったとしたら、今の時点ではどちらの道を選んでも目的は果せたと思います。
違いはここまでの道のりが、楽しかったか、つまらなかったか、だと思います。完全につまらない方を選んでここまで来てしまいましたが。。。
今となっては「つまらなかった」なんていう薄っぺらくて簡単な言葉で済ませるしかないですが、1度しかない貴重な人生の大切な時間をそんなことの為に使ってしまったのが許せません。
せめてもの救いはそれが10年、20年とかいう天文学的数字にならなかったことです。そんな時間を無駄にしていたら、後悔なんて言葉では済まなかったと思います。

働く、働かないの違いじゃなくて、今はつまらない人生だけど将来の為にっていう考えがこういう結果を招いたんだと思います。
10年後の自分はわからなくても、何ヶ月とか1年後ぐらいならなんとか想像できるし、誤差も少ないと思うので、そのぐらいの単位で我慢する事は必要だとは思うけど、10年も先の事を考えてそれを基準に行動するのは止めようと思います。

日本の教育がそうさせるのか、努力は報われる的発想で、我慢して定年まで働けば素晴らしい老後が待っている。今は我慢して、楽しみは全部老後にとっておこう。みたいな考えがどこかにあったと思います。
それは幻想で、我慢して働いたからって幸せになるとは限らないと気が付きました。

10年後の自分なんて、今の自分に10年分の思い出が積み込まれただけの存在だと思うので、10年後の自分の為に何かをしても無駄で、良い思い出を1つでも多く作る事の方がよっぽど簡単に10年後の自分を幸せにできる方法だと思います。

つまらなくて苦痛の思い出しか無い10年だとしたら、10年後の時点では絶対に幸せでは無いと思うし、将来の為に今は我慢なんて思ってい生きていて、その将来に到達した時に思っていたほど幸せになっていないと、後悔や苦しみを味わうだけだと思います。
今が楽しければ、将来も楽しい。今がつまらなければ、将来もつまらない。って単純な考えが1番なのかもしれません。
スポンサーサイト




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。