HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  無職生活  »  理解されない生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

理解されない生活

親に無職になった事をチラッと言おうとした。。
ハッキリとは言わずに「あんまりお金を使わなければ、その分働かなくてもいいから、そういう生活をしようかな~」って言ったら、速攻「バカか!」

理解してくれなくてもいいので、ああだこうだ言わずそっとしといてほしいです。

親は子供の幸せを願って育てていくのだと思います、その子供が大きくなって「会社で働いて、お金の為に自分の全てを犠牲にして生きていても幸せになれない。お金は生きて行くのに最低限あればいいので、自由に生きたい」と言っているのに、それを頭ごなしに否定する神経がわかりません。

僕の両親の考え方なのか、その世代の考え方なのかわかりませんが、ちゃんと就職してお金に困らず生きて行く人生が1番良い人生だと思っていて、それ以外の生き方を認めない。幸せ=お金だと思っているようです。
口を開けば「お金はどうするの?」「そんなんじゃ生きていけない」。
右肩上がりの高度経済成長期を支える為に洗脳された人の価値観は理解できません。

親からすれば、子供は何歳になっても子供なのかもしれませんが、小学生じゃあるまいし「そんなのダメ」と言われて「ああ、そうですか」なんてなる訳もないのに、怒ってでも会社を辞める事を止めようとしてきます。
実際はもう辞めているのですが、まだ親は知らないので、そんなオーラを出すと必死に説得してきます。

僕が赤ちゃんの頃からこういう事を言っていれば納得したのでしょうか???
親は、僕を会社で働かせる為に育てたのでしょうか???

僕が大きくなった時に困らないようにと育ててくれた、その優しい心はどこに行ってしまったのか?
その大切に育ててきた僕が「お金に困るよりも、会社で働いて人生を台無しにする方が困る」と言っているのだから、それを尊重するのが親として当然の務めだと思います。

仕事を一生懸命がんばって生きて行く息子は両親の頭の中だけの想像上の生き物で、この世に存在するのは、仕事が大嫌いで仕事をしているだけで不幸になってしまう息子だという事を早く理解してほしいです。
現実の僕を、想像上の生き物に重ねて考えないでほしいです。

世の中にはこういう変わった人がいて、それがたまたま自分の子供だったとして諦めてほしいです。
スポンサーサイト




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。