HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  無職の家庭  »  切迫早産

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

切迫早産

お腹が痛いってのは、妊娠してからいつも言っているので、いつもの事だろって思っていたけど、今回は違いました。

寝る前にお腹が痛いと言い出して、夜は痛くてあまり寝れなかったみたいだし、朝になってもまだ痛いらしいので、急いで病院に行ったら、切迫早産で絶対安静と薬を処方されました。

引っ越しでも荷物は運ばせないようにしたけど、荷造りや掃除はしていたので、妊婦にとってはそれだけでもかなりの負担だったんだと思います。
それに片道1時間以上掛かる道のりを、毎日行ったり来たりするだけでも良くなかったと思います。

引っ越してからも、近くには何もないので、用事や買い物はまとめて済ませるようにしていたので、出掛ける日はいつも1日がかりのハードスケジュールになっていました。

はっきり言ってしまうと妊娠してからも、自分の子供が出来た実感はあまり無くて、大きくなっていくお腹を見ても、そこで子供が育っている事はわかっているけど、どこか他人事のような感じでいました。

2週間様子をみて、良くならないようなら入院だそうです。

甥っ子や姪っ子は、気が付けば産まれているし、兄弟達がお腹の子に気を使って生活していたようには見えなかったので、妊娠すればスムーズに出産まで辿り着けるもんだと思っていました。

この時期での引っ越しや、他にも色々、妊婦の妻にストレスや負担を掛けていた責任は、僕にあることは間違いないです。
子供の事よりも、生活を成り立たす事に気を使って、そっちの方を優先させた結果がこれなのかもしれません。

妻も働かない旦那と子供を育てるって考えるだけでも、かなりのストレスになると思います。
だから妻の不安を取り除く為にも、もう1度ちゃんと働く!って考えにはなりませんけど、入院費用を稼ぐ為に短期の仕事に手を出してしまう危険性はあります。


スポンサーサイト




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。